モデル撮影会、ポートレート撮影会ならPASHARI モデル撮影会をもっと楽しく!

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ キヤノン

価格: ¥ 385,000

発送可能時期:

新品1個 / 中古品価格 ¥ 385,000


商品の詳細

  • Amazon.co.jp ランキング: 133868位 / Camera部門
  • ブランド: キヤノン
  • 型式: EOS5DMK2
  • ASIN: B001G8XZSE
  • 発売日: 2008-11-28

パシャリカメラマンの感想

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ
メイン
2010/07/10 11:04 | 中空
サブカメラとして活躍中
2010/07/16 15:16 | YOSHI
コストパフォーマンスがいい
2010/07/30 03:23 | たけうち
 
2010/08/21 10:44 | OKA
フルサイズ機なので綺麗にぼける。
2010/08/23 20:05 | ムーンチャイルド
シャッター音が、今ひとつですね(汗)
2010/10/09 16:00 | yoshi
メインカメラとして活躍中
2010/10/16 16:18 | jambo
安価なフルサイズ。
EOS1dmark4に対して軽いですがバッテリーグリップつけたら逆転します。
2010/10/17 15:13 | たものすけ
すごいです
2011/07/16 22:21 | pinn
解像感
2011/08/14 03:12 | Yoshi☆Ko
フルサイズは、良い
2011/11/19 18:32 | そがっち
フルサイズの描写が気に入っています。
2012/05/11 19:21 | なかむん

エディターレビュー

メーカーより
■35mmフルサイズ・約2110万画素CMOSセンサー■最高約3.9コマ/秒の連写性能とUDMA対応■高速・高精度9点+アシスト6点 AFセンサー搭載■有効画素数:2110万画素■連写撮影:最高約3.9コマ/秒■シャッタースピード:1/8000~30秒■液晶モニター:3.0型■ファインダー形式:ペンタプリズム使用、アイレベル式■ファインダー倍率:約0.71倍■本体サイズ(幅?高さ?奥行き):152.0?113.5?75.0mm■本体重量:約810g■Canon 一眼レフデジカメ■EOS5DMK2

商品紹介
約2110万画素の高解像度と高ISO感度を両立。自社開発35mmフルサイズCMOSセンサー搭載
   映像表現に、より精緻な解像感を。さらにクリアな美しさを。EOS 5D Mark IIは、35mmフルサイズ・約2110万画素の新開発 CMOSセンサーを搭載(有効センサーサイズは約36×24mm)。さらなる高ISO感度、低ノイズの両立を実現しています。さらに、約2110万画素の大容量データを高速処理するために1ライン・4チャンネル読み出しを改良し、高速アンプを導入。信号読み出しは従来機比約2.2倍*に。また、出力アンプの消費電力削減などにより省電力化も達成しています。

※ EOS 5Dとの比較。

先進の技術が高解像度・高感度・広ダイナミックレンジを実現
   高画素と高感度という2つのファクターを、かつてないレベルで両立するために、EOS 5D Mark IIの新開発CMOSセンサーは、限られたセンサーサイズの中で最も集光効率の高い配置を追求。センサー上に並ぶ画素ごとのマイクロレンズの隙間(マイクロレンズギャップ)を縮小することで開口率をアップ。さらに、オンチップマイクロレンズからフォトダイオードまでの距離を短縮することで集光率のさらなる向上を実現しました。取り込む光の量が増えたことで、約2110万画素の高画素と常用ISO感度100~6400の広ISO感度(拡張L:50、H1:12800、H2:25600)、広ダイナミックレンジを両立しています。

解像感と効果的な偽色抑制を両立させた、赤外カットローパスフィルター
   CMOSセンサー表面のローパスフィルターには、これまで培ってきた高画質技術を応用。2枚のローパスフィルター、位相板、赤外吸収ガラスで構成しています。画質低下の原因となる赤外線の影響を排除するために、最前面のローパスフィルターには赤外光を反射するダイクロイックミラーを採用。入射光に含まれる不要な赤外線を吸収する赤外吸収ガラスと併せて、理想的な赤外光カットを行うハイブリッド構造となっています。センサー表面などの反射で発生する赤ゴースト、かぶりの効果的な低減も可能。さらに3枚の水晶板による光学ローパスフィルターが偽色や色モアレを抑えます。

レンズ性能をフルに引き出し、培ってきた経験を活かす。デジタル一眼レフの理想、「35mmフルサイズセンサー」
   APS–Cサイズの約2.5倍の面積を持つ「35mmフルサイズセンサー」。そのフォーマットの違いは、同じ焦点距離、同じ位置から撮影してみれば一目瞭然。写真のように、焦点距離50mmでの撮影時、APS–Cサイズセンサーでは対角線上に撮影範囲が2/3まで狭められてしまうため、フルサイズセンサーの焦点距離80mm相当にトリミングされた状態となります。35mmフルサイズセンサーを搭載したEOS 5D Mark IIなら、レンズの画角・パースペクティブをそのままに、広大な風景を切り取ることが可能。フィルムカメラで培ってきた経験を活かしたレンズワークを行うことができます。



さらに高精細、さらに高速。映像表現の新領域を拓く、次世代映像エンジン「DIGIC 4」
   CMOSセンサーから送られてくる約2110万画素の大容量データ。それを高速で処理するのが次世代映像エンジン「DIGIC 4」です。これまで培ってきた高精細かつ自然な色再現力を強化し、さらなる高速化を実現しました。DIGIC 4を搭載することにより低ノイズ現像処理による常用ISO感度の2段向上、連続撮影可能枚数減少の制約解消、高感度撮影時のノイズ低減処理の進化、フルHD動画撮影機能、オートライティングオプティマイザ機能、フェイスキャッチテクノロジー搭載のライブビュー撮影機能など、これまでのデジタル一眼レフを超えた多彩な新機能を実現しています。

豊かで美しい階調表現を実現する、14bit信号処理
   CMOSセンサーから送られるアナログ出力信号をデジタル信号に変更する際の処理に、プロフェッショナル機と同じ14bit(16384階調)の信号処理を採用。14bitで記録されたRAW画像を現像後TIFF16bitで保存すると階調性をフルに活かした画像を得ることができます。また、撮影時に JPEG(各8bit)で記録される画像も14bitのRAWデータから生成されるため、階調性の優れた画像を残すことができます。



常用ISO感度は100~6400。拡張25600の超高感度撮影も可能
   EOS 5D Mark IIの常用ISO感度は100~6400。ギャップレスマイクロレンズの採用で集光率が向上した新CMOSセンサーやノイズ低減技術の進化により、低感度時のダイナミックレンジの広域化、高感度時のノイズ低減を実現。より多彩なシーンに対応できると同時に、高精細かつクリアな作品づくりを行うことができます。ISO感度は拡張L:50、H1:12800、H2:25600も可能。また、ISO感度の自動設定範囲は、全自動/クリエイティブ全自動/プログラムAE/シャッター優先AE/絞り優先AEではISO100~3200。マニュアル露出/バルブ/ストロボ撮影では ISO400固定*となります。

※ ストロボ撮影の日中シンクロで露出オーバーになる場合は、最低ISO100。

高感度/長秒時露光撮影時にも、クリアで美しく。2つのノイズリダクション機能
   DIGIC 4の画像処理能力の向上により、高感度撮影時のノイズ低減機能がさらに進化しました。解像感を維持しながら、すべてのISO感度で優れたノイズ低減効果を発揮。特にシャドー部の色ノイズを大幅に軽減します。ノイズの低減効果は「標準」、「弱め」、「強め」、「しない」の4段階から選択可能です。*2また、長秒時露光撮影時のノイズ低減は、露光時間1秒以上のすべての撮影においてノイズ低減を行う「する」、ノイズが検出された場合のみノイズ低減を行う「自動」から選択することができます。

※*1 いずれもカスタム機能で設定できます。
※*2 「強め」設定では連続撮影可能枚数は少なくなります。


ページトップ